文字サイズ

「サラダ記念日」本当はサラダではなかった…俵万智氏が告白

 1987年に発売されて大ベストセラーとなった歌人・俵万智氏(55)の歌集「サラダ記念日」が、もともとのシチュエーションではサラダではなく唐揚げだったことを俵氏が12日、TBS系「サタデープラス」で打ち明けた。

 歌集の表題にもとられた短歌「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」だが、きっかけになったシチュエーションは、サラダでもなければ7月6日でもなかったという。

 俵氏は「一番大きいのは、サラダではなかった。鶏の唐揚げ、しかもカレー味」と衝撃の告白。

 「野球を見に行って、その時私がお弁当を作っていったんですね。普通の唐揚げじゃつまんないなと思って、カレー味にしたらボーイフレンドがすごく気に入ってくれて。喜んだ、受けたみたいな感じ。じゃ今日は記念日だなっていう気持ちを短歌にしたいなと思って」と、創作の動機を明かした。

 唐揚げがサラダに変わったのは「鶏の唐揚げではヘビーすぎるし。メインがおいしいよりサブがおいしい方がより記念日にすることに意義があるんじゃないかと思って。すごくささやかなものがおいしい、そう言ってくれた方が記念日になるっていう方がより効果があるような気がして」という理由だった。

 また、「日付けも別に七月でもなければ六日でもなくって。もうちょっと早い季節だった気がするな」と明かし、「サラダがおいしいっていうのは野菜に元気が出て来る季節かなあと思って。(七月とサラダと)S音が響き合うとすごく爽やかになるんですね、日本語って」「何でもない日が記念日になることに意義があるので」と、記念日“制定”の事情を明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス