文字サイズ

V6坂本 多部未華子と名作ミュージカル 日本人で「TOP HAT」舞台化

多部未華子
1枚拡大

 V6の坂本昌行(46)がミュージカル「TOP HAT」(11月5~25日、東京・東急シアターオーブ)に主演することが30日、分かった。

 米俳優フレッド・アステア&米女優ジンジャー・ロジャースが主演した同名映画(1936年)を日本人キャストで舞台化。アステアが演じたミュージカル・スター役を演じる。初共演の女優・多部未華子(29)はヒロインのモデル役を演じ、本格ミュージカル初挑戦でダンスを初披露する。

 歌とダンスで高い評価を受ける坂本が多部と共に、ハリウッド・ミュージカル映画の名作を舞台で体現する。

 「君が人生の時」以来、約1年ぶりの主演舞台となる作品は、映画「トップ・ハット」が原作。200着を超える衣装も話題の舞台で、11年に英国で初演され、13年にはイギリス最大の演劇賞「英国ローレンス・オリヴィエ賞」最優秀新作ミュージカル賞、振り付け賞、衣装デザイン賞の3冠に輝いた。15年9月に外国人キャストで初上陸した人気作を今回は、日本人キャストで上演する。

 坂本は、アステアが演じたジェリー・トラヴァース役を演じる。衣装は5~6着を用意。映画版でもおなじみのえんび服にシルクハット姿など“ミュージカル・スター”らしい華麗な装いでステージを彩る。ロジャースが演じた、モデルのデイル・トレモント役に挑む多部は、坂本を上回る8変化を予定。身長差もある2人がタップ、デュエットダンスとパワフルな踊りを届ける。

 外国人キャストの日本公演を観劇して、作品への憧れを抱いていたという坂本は「願いは叶う!日本のフレッド・アステア&ジンジャー・ロジャースと呼ばれるように頑張りたい」と豪語。夢舞台へ熱い思いをたぎらせた。

 多部も、小学校時代にミュージカル「アニー」に憧れてオーディションを受け、芸能界の道が開いた。本格ミュージカル初挑戦を前に昨年末からレッスンを重ねており、「今は歌と踊りで頭がいっぱい。本番までにデイルになれるように作っていきたい。緊張して不安もありますが、全力で20代最後を楽しみたい」とダンス初披露へ汗を流している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス