文字サイズ

戦隊俳優・馬場良馬 事務所への裏切りで3カ月の活動停止処分「信義誠実に反する」

馬場良馬
1枚拡大

 スーパー戦隊シリーズ「特命戦隊ゴーバスターズ」のブルーバスター・岩崎リュウジ役などで知られる俳優・馬場良馬=ばば・りょうま=(33)が所属事務所に対する「信義誠実の原則に反する行為が発覚した」ため、24日から3カ月間、事務所から活動停止処分を課されたことが分かった。同日、公式サイトで発表された。

 公式サイトでは、宇都木基至社長名義で、「馬場良馬が弊社に対して、信義誠実の原則に反する行為が発覚したため、2018年4月24日より三カ月間の活動停止処分とすることに致しました。」と発表。処分については「苦渋の選択でした」とした。

 処分の要因について「決して犯罪行為ではありません」と強調したが、詳細には触れず。「弊社のマネジメント理念である『俳優は事務所に対して、事務所は俳優に対して、信頼を裏切らないよう行動する』という理念に反したため今回の処分となりました」と事務所に対する裏切りがあったことを明かした。

 馬場もコメントを掲載。「この度、私、馬場良馬は事務所に対して信頼を裏切るような事をしてしまい活動停止処分を受ける事となりました」「この様な事態を起こしてしまい深くお詫び申し上げます」と謝罪。「僕自身、今の事務所の社長である宇都木社長と二人三脚で前だけを見て頑張ってこれたからこその『今』があるのだと改めて痛感しています」と自身の“裏切り”を反省するコメントを掲載している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス