文字サイズ

「詰将棋」って?初級は3~9手、この日の最終問題は37手

詰将棋の問題を考える藤井聡太六段=名古屋市内
 詰将棋解答選手権で4連覇を果たした藤井聡太六段=名古屋市内
問題を解く藤井聡太六段。史上初の4連覇を達成した=名古屋市
3枚3枚

 最年少棋士の藤井聡太六段(15)が25日、名古屋市内で行われた詰将棋の正確さと速度を競う「第15回詰将棋解答選手権 チャンピオン戦」に出場し、史上初の4連覇を達成。この日の試験は、午前と午後の2回で、5問ずつが出題され、合計点で競われた。

 同点の場合は解答時間が短い方が順位が上。藤井六段は午前の試験では一番早く終わらせ、しかも全問正解だった。最終問題は37手詰めで、藤井六段以外は正解者がいない、超難問だった。

 詰め将棋は3~9手で詰むのが初級者向けの問題。20手前後になると難問で、上級者向けといわれている。

 なお、2位は過去6回の優勝を誇る宮田敦史六段(36)の94点だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス