文字サイズ

小西博之 腎臓がん、医師から「余命ゼロ」「即死レベル」…救われた欽ちゃんの言葉

 俳優・小西博之
1枚拡大

 タレントの小西博之(58)が11日、カンテレの「お笑いワイドショー マルコポロリ!」に出演し、45歳の時に腎臓がんを患い、医師から「余命ゼロ」と診断された当時を振り返った。三日三晩、泣き明かしたという。

 小西が腎臓がんと診断されたのは45歳の時だった。大量の血尿があり、精密検査の結果「末期の腎臓がん」と宣告された。2004年12月のことだった。医師は腫瘍の大きさは20センチもあり、これまで腎臓がんの大きさで日本では5本の指に入る大きさであることを告げた。小西がステージのどのあたりかを問うと、医師は「今ここで死んでもおかしくない。君にステージは無い。即死レベルです」と告げた。

 あまりの衝撃に小西は絶望感に包まれたという。三日三晩泣き明かした。3日目の昼、ソファに座って当惑していると、師匠萩本欽一の言葉が脳裏に浮かんだ。萩本は「小西、人生は幸せと不幸せが50対50なんだよ。悪いことがあったら落ち込んで泣いて受け入れろ。人生とはそういうもんだ」と以前に告げた。

 小西はついに冷静さを取り戻し、「がんを受け入れよう。不幸せの後はきっと幸せがやってくる」と言い聞かせた。検査から2カ月後に手術。9時間を要した。転移は無く、5日後には普通に食事ができるように回復し、仕事にも復帰した。がんの経験を元に講演する仕事のオファーがやってきた。がん発覚時は70キロを切っていた体重は現在86キロになり、小西は「元気です!」と笑った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス