文字サイズ

丘みどり 今年も紅白出たい! 琵琶湖の白鬚神社で新曲「鳰の湖」ヒット祈願

 湖中大鳥居をバックにほほ笑む丘みどり=滋賀県高島市の白鬚神社
ヒット祈願する丘みどり=滋賀県・白鬚神社
2枚2枚

 演歌歌手の丘みどり(33)が8日、滋賀県高島市の琵琶湖に浮かぶ湖中大鳥居で有名な白鬚神社で新曲「鳰の湖(におのうみ)」のヒット祈願を行い、NHK紅白歌合戦への2年連続出場を願った。新曲タイトルは琵琶湖の別名。昨年の“紅白効果”で、歌手として年間150ステージペースで活動する一方、テレビへの出演も激増。「演歌のかっこよさを広めたい」と意気込んだ。

 白い鬚を生やした長寿神がまつられる近江最古の大社でヒットを祈願した。湖の中に鳥居が浮かぶ幻想的な風景をバックに「昨年末に大きな夢がかない『来年もあの舞台に立ちたい』と思った。今年もまた出たいです!!」と紅白の2年連続出場に向けて意気込んだ。

 初出場した昨年の紅白後は、女子高生が演歌雑誌を抱えて応援に駆けつけるなどファン層が拡大。反響を受け、年間150ステージを見込むオファーが殺到している。

 テレビ番組にも3月までに約40回出演。歌番組だけでなく、バラエティーとの“二刀流”なのが特徴だ。抜群のルックスに加え、演歌歌手としてデビューする前のアイドル時代に培った笑いの反射神経がウケている。「目標はコント番組。他の演歌歌手の方がしないことをしていきたい。『この人、演歌歌手なんだ』と後付けでもいいので私の歌を知ってもらいたい」と丘。

 この日は神社に紫式部の歌碑があることから重さ20キロの十二単を着用したが「紫式部のように1000年残る名曲を歌っていきたいですし、十二単は重いですけど、これからの重圧の方が重いと思うので負けずに頑張りたい」と笑顔。“ミステリアス三部作”の完結編と位置づけた悲恋を歌う新曲を長寿の名曲へと育てていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス