文字サイズ

宝塚歌劇団・轟悠 「凱旋門」再演に「当時なかった感覚が今の自分にある」

宝塚歌劇雪組公演「凱旋門」に出演する(左から)真彩希帆、轟悠、望海風斗
1枚拡大

 宝塚歌劇団は7日、18年ぶりの再演となる雪組公演「凱旋門」の制作発表会を都内ホテルで開催した。

 第2次世界大戦前夜のパリを舞台に、懸命に生きる人々の姿や恋物語を、シャンソンをモチーフにした音楽に絡めて描いた作品。00年に雪組で初演、主演を務めた轟悠が文化庁芸術祭賞演劇部門優秀賞を受賞するなど、傑作ミュージカルとして絶賛された。

 00年と同じく、主演の轟悠は「初演と比べられるのはつらい。でも、乗り越えられない壁はないと思っています。当時にはなかった感覚が、今の自分にはあるのではないかという自信はあります」と意気込みを述べた。

 第一幕の「凱旋門」、第二幕の「Gato Bonito!!」は兵庫・宝塚劇場で6月8日~7月9日、東京宝塚劇場では7月27日~9月2日まで上演される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス