文字サイズ

プロスノーボーダーの長江健次にネット「知らなかった…」トリノではコーチも

長江健次
1枚拡大

 タレントでプロスノーボーダーの長江健次が14日、TBS系「ひるおび」に生出演。番組では長江を「06年トリノ五輪でコーチを務めた」とテロップで紹介され、ネットでは「プロなのは知ってたけど、コーチしてたのは知らなかった」と驚きの声が上がった。

 番組では、終わったばかりの平昌五輪スーノーボード男子ハーフパイプを特集。2大会連続銀メダルを獲得した平野歩夢の技などを紹介した。

 長江は、平野の銀メダルについて「3本目に1点でも伸ばしていたら展開が変わっていたかも。プレッシャーかけられた」と3回目の失敗を残念がった。

 更には「昨日の予選から戦いは始まっていた」とコメントし「多分、多分ですけど、ショーン・ホワイトは平野君より(順番が)後ろに行きたかったから(予選で結果を出した)。昨日、いい得点の人が後になりますから。後の方が(ライバルを観られるから)有利」と解説。「駆け引き。だから(平野には)3本目を伸ばして欲しかった」と残念がった。

 長江は長野五輪の日本代表候補で、トリノ五輪では、日本代表の竹内智香のコーチを務めていたことから、コーチとして五輪に参加しているが、ネットでは「プロスノーボーダーだったんだ」「トリノ五輪でコーチやってたのは知らなかった」「コーチやってたの?ビックリ」「イモ欽にいた長江健次はプロのスノーボーダーなの?」など、驚きの声が上がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス