文字サイズ

「西郷どん」共演者が主演・鈴木亮平のスマイルを称賛

笑顔であいさつをする鈴木亮平=東京・NHK放送センター
大河ドラマ「西郷どん」新たな出演者発表会見で抱負を語る松田翔太=東京・NHK放送センター(撮影・開出牧)
2枚2枚

 俳優・鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷どん」(総合、日曜後8・00)の追加出演者発表が14日、都内で行われ、共演者から主人公・西郷吉之助を演じる鈴木のスマイルを称賛する声が続々と上がった。

 新たに出演が決まったのは松田翔太(32)、泉ピン子(70)、大河初出演となる風間俊介(34)、近藤春菜(34)ら江戸編、流刑地の島編などに出演する20人。

 大河初出演で吉之助の盟友・橋本左内役を演じる風間は「初めての大河。それが『西郷どん』でよかった」と喜んだ。その理由として挙げたのは、座長の鈴木のスマイル。現場のいい雰囲気を作り出しているという。

 「撮影が過酷で疲れてきた時に、一番大変であろう亮平君が“吉之助スマイル”でみんなを和ませている、本当に『西郷どん』の現場が、ものすごくステキな空気なのは、座長の亮平君の作る空気」と断言。共演者、スタッフを包み込むような笑顔があるから「伸び伸びやらせていだける」という。

 ほかにも共演者からは、鈴木の印象に「スマイル」との声が次々と上がった。鈴木との共演シーンがない泉ピン子は、壇上で鈴木に「スマイルして」とリクエスト。ほほ笑んで応じてくれると「冥土の土産になる」と大喜びだった。

 吉之助と左内に擁立に奔走され徳川家最後の将軍になるも、のちに最大の敵となる一橋(徳川)慶喜役を演じる松田は「とにかく優しい。みんなに気を遣う」と鈴木の雰囲気作りをたたえた。「主役をやると食欲が減るもの」だが、鈴木はまったく違うそうで「深夜にもかかわらずハンバーガーやどら焼きなどを食べている。何か人間らしくてうれしい」と、規格外の主演であることを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス