文字サイズ

安藤サクラ“ママさんヒロイン” NHK朝ドラ史上初めて

 女優の安藤サクラ(31)が10月スタート予定の次々期NHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜、前8・00)のヒロイン・今井(結婚後は立花)福子役を務めることが31日、同局から発表された。安藤は昨年6月に出産したばかりで、朝ドラでは初の“ママさんヒロイン”となる。同日、大阪と東京のNHKで会見した安藤は、念願の朝ドラヒロイン役を喜びつつ「不安もあった」と引き受けるまでに葛藤があったことも告白した。

 朝ドラ史上初の“ママさんヒロイン”が誕生した。昨年6月に夫で俳優の柄本佑(31)との間に誕生した、第1子となる長女はまだ0歳。安藤はママと女優の二刀流で大役に臨む。

 安藤の朝ドラ出演は11年前期の「おひさま」以来2度目。これまで何度も朝ドラヒロインのオーディションを受けていたが、涙をのんでいた。しかし「まんぷく」では逆にNHKからのオファーを受けた。関係者から詳細を聞かされたのは偶然にも「わろてんか」の初回が放送された昨年10月2日。あこがれ続けたヒロインだったが、出産したばかりとあって「まさかできるわけない」と当初は断るつもりだったという。

 悔しがる妻に夫の柄本は「やったら」とサラリ。父で俳優の奥田瑛二(67)は「これは挑戦じゃない冒険だ。挑戦はリタイアできるけど、冒険は途中でやめられない」、母でエッセイストの安藤和津(69)も「(親子関係は)時間じゃないよ」とエールを送った。

 家族に背中を押され出演を決意した安藤は「真っすぐ正直でいつも笑っていられたら」と意気込んだ。5月から来年2月まで予定されている収録には娘を帯同する意向で「大阪でしか経験できないことをさせてあげたい」と力強く語った。長丁場の収録となるだけに「娘のことで不安もあった」と葛藤があったことを涙ながらに振り返った。

 過去に乙羽信子さんが「おしん」(83~84年)の第3部で母の立場でヒロインを務めたことはあるが、子育てをしながらのママさんヒロインは記録がないという。制作統括の真鍋斎氏(50)は安藤の高い演技力が決め手となったと説明。その上で「予定として2、3週間早めに撮影を始めて1日の収録時間を短くしていければ」とママさんヒロインにも“働き方改革”を実施し、負担軽減に取り組む考えを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス