文字サイズ

宮迫 アニソン歌手に憧れていたと告白 水木一郎と同席に興奮

映画「劇場版マジンガーZ/INFINITY」初日舞台あいさつに登壇した(前列左から)宮迫博之、水木一郎、永井豪氏、森久保祥太郎、(後列左から)志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹=東京・銀座
1枚拡大

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が13日、都内で行われた「劇場版マジンガーZ/INFINITY」初日舞台あいさつに登壇した。

 あしゅら男爵の男性側を演じた宮迫は「お笑い芸人をやってますけど、最初にあこがれたのはアニソン歌手。アニキの横に立ってるので心臓が爆発しそう」と、72年のアニメ開始時同様、テーマ曲を担当する水木一郎(70)との同席を喜んだ。

 また「(昔は)貧乏で超合金を買ってもらえなかった。友達のロケットパンチ(敵に放つ腕の部分)をなくして問題になった」と懐かしそうに振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス