文字サイズ

安室奈美恵のベストアルバム、200万枚突破 自身21年5カ月ぶり2作目の快挙

 歌手・安室奈美恵
1枚拡大

 9月16日に引退する歌手・安室奈美恵(40)のベストアルバム「Finally」(昨年11月8日発売)の売り上げが200万枚を突破したことが8日、分かった。1月15日付の「オリコン週間アルバムランキング」の集計で明らかになった。アルバムのダブルミリオン到達は2012年8月のザ・ビートルズ「ザ・ビートルズ1」以来。安室にとっては96年8月の「SWEET 19 BLUES」に次ぎ21年5カ月ぶり、自身2作目の快挙だ。

 ラストイヤーの新年早々、また記録を打ち立てた。昨年9月の引退発表後、初のCD「Finally」が、1日から7日までの週間売上で6・9万枚を上乗せ。発売から2カ月で累計200・3万枚に達した。

 ソロ歌手でのアルバムダブルミリオンは、06年4月の平井堅「歌バカ」以来。女性ソロでは、04年4月の宇多田ヒカル「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」以来、13年9カ月ぶりとなる。

 安室の歴代アルバムでも、336万枚を売り上げた「SWEET 19 BLUES」に次ぐ2番目のセールスに。発売初週に100万枚を超えてからも順調に売れ続け、関係者は「引退まで8カ月あるのでまだまだ売れるでしょうし、引退後も売り上げは伸びると思います」とトリプルミリオンへも期待をつなぐ。

 また、14年ぶりに出場した昨年末のNHK紅白歌合戦で歌った「Hero」のダウンロード数が、15日付オリコン週間デジタルシングルランキングで1位を獲得。引退と紅白の相乗効果で、“爆聴き”されたとみられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス