文字サイズ

三浦大知、鶴瓶を「本当にかっこよくて」と絶賛…「自分にはできない立ち振る舞い」

 リハーサルを行う三浦大知(中央)
リハーサルを行う三浦大知=東京・NHKホール(撮影・開出牧)
2枚2枚

 「第68回NHK紅白歌合戦・リハーサル」(29日、NHKホール)

 初出場の三浦大知が音合わせなどを行い、取材に応じた。今年を振り返り、落語家の笑福亭鶴瓶とのつながりができたことが大きな出来事だったと語った。

 もともと興味があった落語会を訪れたところ、鶴瓶と知り合うことができた。それを機に食事に行ったり、落語会に寄稿文を送るなどする関係に発展した。落語家として高座でのたたずまいを「すっとステージに出てくる。今までずっといた感じで」と表現する三浦は「(僕らは)音とか照明の力を借りないといけない。(鶴瓶の姿は)本当にかっこよくて、自分にはできない立ち振る舞い」と見習うべき存在だと語った。

 紅白へ向けてメールで「頑張ってくれ。応援している」などと激励されたという。こうした出会いから、今年を漢字で「繋」と表現した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス