文字サイズ

染之助さん告別式 天国で染太郎さんと舞台に…妻・秀子さん「今ごろ向こうで」

喪主あいさつをする海老一染之助さんの妻・秀子さん=東京・東光寺
海老一染之助さんをしのぶ松村邦洋=東京・東光寺
2枚2枚

 6日に肺炎のため83歳で亡くなった伝統芸能「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師・海老一染之助(本名・村井正親)さんの葬儀・告別式が11日、東京・東光寺で営まれた。

 タレント・松村邦洋(50)、落語協会会長・柳亭市馬(56)ら60人が参列。松村は新人時代に、染之助さんとイベントで共演することが多かったといい、「優しく気さくな方でしたが、芸には目の色を変えてやられて。教わる物だらけでした。周りを照らしてくれて、いらっしゃると楽屋がパッと明るくなる素晴らしい師匠でした」と感謝の思いを込めて悼んだ。

 染之助さんが眠る棺には、芸で使用する傘、まり、家族の写真などが納められた。喪主を務めた妻・秀子さんは、「主人の人生は芸一筋で、お客さまに喜んでいただけるのが生きがいでした。今ごろ、15年前に旅立った兄・染太郎と、向こうで舞台に立ってると信じてます」と“コンビ復活”を願ってあいさつ。染之助さんや染太郎さんらが演奏したという、陽気な寄席囃子(ばやし)が流れる中での出棺となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス