文字サイズ

雪組新トップコンビ船出!望海の熱唱に元宙組トップ和央も「うるうるきました」

宝塚歌劇団雪組新トップコンビお披露目公演初日を終え笑顔の望海風斗、フランク・ワイルドホーン氏、真彩希帆=兵庫・宝塚大劇場(C)宝塚歌劇団
雪組新トップの本拠地お披露目公演を行った望海風斗=宝塚大劇場
2枚2枚

 宝塚歌劇団雪組の新トップコンビ、望海風斗(のぞみ・ふうと)と真彩希帆(まあや・きほ)の大劇場お披露目公演「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」が10日、兵庫・宝塚大劇場で開幕した。

 「ひかりふる路」はフランス革命後の恐怖政治で知られるロベスピエールを主人公に描いた作品。ブロードウエイミュージカルやホイットニー・ヒューストンの楽曲を手がけたフランク・ワイルドホーン氏が全曲書き下ろしたことで話題。難曲揃いの歌だが、タカラヅカ屈指の歌手である望海は「心が解放され導かれるよう」と美声を響かせた。

 真彩も学年差を感じさせない体当たりの熱演と歌を披露。望海に応えていた。

 初日を観劇したワイルドホーン氏も「僕の曲は難しいけど、よく歌っている。数を重ねればもっとよくなる」と及第点。同氏の妻で、元宝塚歌劇団宙組トップスターの和央ようかも「1幕ではもったいないというか、贅沢な舞台。私も雪組出身なので…だいもん(望海)にうるうるきました」と感動していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス