文字サイズ

乃木坂46東京ドーム公演でカメラ落下 男性負傷 8日は予定通り実施

東京ドーム
1枚拡大

 アイドルグループ乃木坂46が7日に行った東京ドーム公演で、ワイヤーに釣られたカメラが観客席に落下し、男性3人が軽傷を負っていたことが8日、分かった。東京ドーム公演はこの日も行われるが、所属事務所関係者はデイリースポーツの取材に対し、この日の公演も予定通り実施するとした。

 事故が起こったのは7日午後8時過ぎ。東京ドーム公演中にワイヤーで釣られていたカメラが観客席に落下しイスを直撃。飛び散った破片などで男性3人が軽いケガをした。

 東京ドーム公演は7、8日の2日間公演。乃木坂46にとっては初めての東京ドーム公演だった。関係者はこの日の公演について「同様の撮影機材は使用せず、安全性を確認し、実施いたします」とコメントした。

 乃木坂46公式HPでも事故を報告。「昨日、11月7日に行われました『真夏の全国ツアー2017FINAL!』において、撮影機材が落下し、お客様が負傷する事故が発生いたしました。事故にあわれた方には、心よりお詫び申し上げます。また日頃より、乃木坂46を応援していただいている皆さまにはご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。今後、ファンの皆さまが安心して楽しんでいただけるよう、これまで以上に安全には十分配慮し、より一層の安全管理を行ってまいります。尚、本日11月8日開催予定の『真夏の全国ツアー2017FINAL!』に関しまして、同様の撮影機材は使用せず、予定通り開催いたします」と記した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス