文字サイズ

島津亜矢 東京オペラシティで演歌なしコンサート 英語歌も

コンサート「Singer」を行った島津亜矢=東京オペラシティコンサートホール
コンサート「Singer」を行った島津亜矢=東京オペラシティコンサートホール
2枚2枚

 演歌歌手の島津亜矢(46)が30日、東京オペラシティコンサートホールで「Singer」と銘打った演歌なしのコンサートを行った。会場はパイプオルガンが備えられたクラシック用のホールで、島津がこの会場で歌うのも、演歌なしのコンサートを開くのも初の試み。島津は「体の根底には演歌があるんですが、いろいろな歌にチャレンジする機会をいただいた。うれしいです」と心境を打ち明けた。

 白の着物で登場した島津は、オープニングでホイットニー・ヒューストン歌唱の名曲「I will always love you」を英語で披露。さらに中島みゆきの「地上の星」、安全地帯の「じれったい」をカバーし、さらには吉田拓郎の名曲「落陽」といったフォークにも挑戦した。自身の作品は「帰らんちゃよか」だけで、アンコールではサプライズのドレス姿で登場。パイプオルガンの伴奏で「My Way」を英語で熱唱し、1400人のファンを酔わせた。

 島津は「曲目はスタッフといろいろ話し合いました。みんなに思いがあって、ケンカみたいになったりしました。英語の歌は本人の歌を聴いて、カタカタに起こしてまた本人の歌に合わせました」と裏話も披露。大みそかのNHK紅白には3年連続4回目の出場がかかっているが、島津は「歌わせていただけるよう待っているだけです」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス