文字サイズ

「ミス・ティーン」グランプリは黒木メイサ似の足長17歳

 ミス・ユニバース・ジャパンの妹版コンテスト「2018 ミス・ティーン・ジャパン」決勝大会が17日、都内で開催され、過去最多となる応募総数6762人の中から都内在住の高校2年生、佐藤梨紗子さん(17)がグランプリに輝いた。

 黒木メイサ似のクールビューティー。自己PRでは大人びたルックスと得意のヨガで魅了した。それでも、名前を呼ばれた瞬間はすぐに反応できず「驚きすぎて、呼ばれたと思えなかった」と初々しく笑った。

 股下80センチ近いすらりと伸びた足も魅力の佐藤さんは、女性ファッション誌「セブンティーン」の専属モデルで女優の三吉彩花(21)に憧れており、「雑誌のモデルをやったり、ショーに出てみたい」と夢を思い描く。決勝進出の13人では最年長だったため「年下の子がいっぱいで、すごく元気だったので、自信をなくしちゃったんですけど、選ばれてうれしかったです」とはにかんだ。

 オーディションを受けるのは初めて。賞金50万円の使い道を聞かれると「動物が好きなので、カワウソを飼いたい」と返した。

 応援アンバサダーの新川優愛(23)は「透明感があって、お肌がツルツル。特殊な世界だけど、自分らしさを忘れずに進んでほしい」とエール。過去のグランプリ受賞者には「CanCam」の史上最年少専属モデル、トラウデン直美(18)らがいる。

 準グランプリには吉村梓穂さん(13)、サマンサ・タバサ賞には田村友乃さん(12)が選ばれた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス