文字サイズ

内博貴ソロライブに堂本光一が来た 光一むちゃぶり、内苦笑「先輩、怖いわ」

 俳優・内博貴(30)の約6年ぶりとなるソロライブが22日、東京ドームシティホールで最終日を迎えた。2300人のファンが盛り上がる中、9月8日に開幕する「Endless SHOCK」大阪公演で共演するKinKi Kidsの堂本光一(38)が応援に駆けつけた。

 稽古の合間に来場した光一は、踊りなしのライブ構成を気に掛けて「踊った方がいいよ」と後輩をあおり、「-SHOCK」で流れる楽曲の演奏をバイオリン担当に要望。むちゃぶりに応えてダンスを披露した内は「先輩、怖いわ」と笑い、殺陣の稽古後に筋トレする光一を「体力お化け」と暴露してやり返し、会場を沸かせた。

 この日はバンド形式のライブで、内はボーカルとして美声を響かせた。関ジャニ∞の安田章大(32)らと関西Jr.時代に組んでいたユニット「V.WEST」の楽曲など20曲を当時の高いキーのまま熱唱。公演前は「高音が出ず、歌えない自分にショック」と苦戦したことを告白したが、3週間で取り戻し「バンドって、やっていて1番好きかも。年に1回はできたら」と継続開催を熱望した。

 内は04年にNEWS、関ジャニ∞のメンバーとしてデビューするも、06年に脱退。07年に少年隊の主演舞台「PLAYZONE」で活動を再開した後は舞台を中心に活躍を続けてきた。10年の「ガイズ&ドールズ」、16年「グレイト・ギャツビー」など主演経験も重ねている。光一主演の「Endless SHOCK」には10年からライバル役で出演。ソロコンサートは、08年から11年まで横浜アリーナや日本武道館などで行っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス