文字サイズ

指原、いざ完全女王へ 本戦出場48組決定!9・24AKBじゃんけん大会

 本戦出場を決めた(左から)指原莉乃、峯岸みなみ、柏木由紀=千葉・幕張メッセ
1枚拡大

 AKB48グループが12日、千葉・幕張メッセで「ユニットじゃんけん大会」(9月24日、名古屋市の日本ガイシホール)の予備戦を行い、HKT48の指原莉乃(24)が2011年以来となる本戦出場を決めた。今年は初のユニット戦で、峯岸みなみ(24)、柏木由紀(26)とのトリオ「サンコン」で出場。自らが勝利をつかんだ。総選挙では3連覇を果たすも、じゃんけんは苦手だったが“完全女王”へ好スタートを切った。この日で出場全48組が決定した。

 5年連続で苦杯をなめていた指原が、自らの手で本戦出場を決め、史上初の総選挙との2冠へ歩を進めた。

 ユニット「サンコン」として峯岸、柏木を従え登場。HKT48の後輩3人組、深川舞子(18)、今田美奈(20)、清水梨央(13)の「みなりおこむ」と対決した。ユニットの代表同士が戦う形で、指原は深川と勝負。同門対決は互いにグーを出して2度のあいこに。緊張感漂う3度目に指原がパー、深川がグーを出して勝負が決まった。

 勝利の瞬間、指原は思わず目をむいてビックリ。小躍りする峯岸、柏木に対し、すぐに冷静さを取り戻した指原は、深川に「ごめん」と手を合わせて謝罪。自ら若手の芽を摘む結果に「(手を)変えろよー」とグーを続けた後輩を苦笑まじりで叱った。

 「AKB48選抜総選挙」では3連覇を達成し、無敵の強さを誇る指原だが、じゃんけんには縁がなく、5年連続で予備戦敗退中だった。峯岸は11年に3位、柏木も2度選抜入りしており、じゃんけんではチームメイトの方が実績があったが、「2人からお願いされ」勝負の場に立った。

 対決前には「めちゃめちゃ弱いんで、2人に任せます」と前フリしながら、自身が登場して周囲をズッコケさせるダチョウ倶楽部風のノリで笑いも取るなど、貫禄で圧倒した。

 今大会は、ユニットの人数ごとに本戦出場枠が決まっており、エントリーが1組だった7人枠、8~15人枠は予備戦免除となった。本戦優勝ユニットにはCDデビューが与えられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス