文字サイズ

NMB須藤凜々花 涙、嗚咽で騒動謝罪「全部傷つけました」

あいさつを行った須藤凜々花(中央)と山本彩(右)=神戸市内(C)NMB48
あいさつを行った須藤凜々花=神戸市内(C)NMB48
2枚2枚

 NMB48の須藤凜々花(20)が6日、神戸市内で行われたNMB48のライブ「サササ サイコー」に出演し、アンコールで「大切にしてきたものを傷つけました」と涙ながらに6月に行った“結婚宣言”を謝罪した。須藤がNMB全メンバーの前で謝罪を行うのは始めて。

 アンコールで、山本彩(24)から発言を促されると、「今、こうしてここに立てているのはNMBのみんなが立たせてくれています」と言葉を振り絞るようにあいさつ。「凄いことをしてしまい、あの場をフォローしてくれた、NMBのみんなが叩かれたり、一番私が大切にしてきたものを全部傷つけました」と頭を下げた。

 そして、「私の周りには、全部を敵に回し、傷つけたのに、側に寄り、信頼を失うかもしれないのに寄り添ってくださる方がいて。本当に申し訳なくて、本当にごめんなさい」と謝罪した。

 様々な非難の声がある中でNMBのメンバーが、変わらず接してくれたことも嗚咽をもらしながら明かし、「私が言える立場じゃない」としつつも「絶対に世界で一番報われて欲しい人たちです」と涙ながらにメンバーに感謝の気持ちを伝えた。

 自身の今後については「夢を諦めずに、自分らしく、NMBの卒業生らしく生きていきたいと思います」と宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス