文字サイズ

沢田研二 “若き日のジュリー”からの変貌ぶりに自虐「オレじゃない」

50周年記念ライブで熱唱する沢田研二=東京都渋谷区のNHKホール(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 歌手の沢田研二(69)が16日、東京・渋谷のNHKホールでデビュー50周年記念のライブツアーをスタートさせた。丸刈り状態のヘアスタイルで登場すると、若い女性を熱狂させた“若き日のジュリー”の映像に「あれはオレじゃないからね」と自虐。ステージでは50周年にちなみ厳選の50曲でファンを沸かせた。

 沢田は先月18日に終わった音楽劇「大悪名」で僧侶を演じるため、髪をそり上げており、ほぼ丸刈り状態で登場。冒頭で流された、スマートでロングヘア、ファッションアイコンであり、セックスシンボルの“若き日のジュリー”の映像を「あれはオレじゃないからね。親戚の子だからね」と、現在の姿との“変貌”ぶりを自虐的に語り、沸かせた。そして「この頭で全国行脚せにゃあかん」とぼやいてみせた。

 ライブは50周年にちなみ、百数曲のシングル盤の中から最新曲「ISONOMIA」を含む50曲。沢田は「たくさんのお客さんの前で歌えることがうれしい」と深々と頭を下げ、ザ・タイガースのボーカルとしてデビューした1967年の「僕のマリー」、PYG時代の「自由に歩いて愛して」(71年)、71年のソロデビュー曲「君をのせて」とともに大ヒット曲「勝手にしやがれ」、「時の過ぎゆくままに」、「危険なふたり」、「TOKIO」、「ダーリング」などを息つく暇もなく歌い続けた。

 沢田が50曲以上歌唱するのは08年の還暦ライブで6時間半をかけて80曲を歌って以来。「50周年やから50曲やりたいと思ったの。やると言ったらやる」と声をかすれさせながら約2時間で“完走”した。

 ツアーは来年1月26日まで全国60カ所66公演が行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス