文字サイズ

新婚の森下悠里 グラビアアイドル時代の“枕営業体験”を語る

 結婚を発表した元グラビアアイドルの森下悠里が、6日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0・12)に出演。枕営業に引っかかりそうになった自身の体験について赤裸々に語った。

 番組冒頭、MCの次長課長・河本準一からゲストとして紹介された森下。ここだけの話があるかどうか振られて、「グラビア界で枕営業の話って昔からあると思うんですけど、12年間(グラビアを)やっていて私が思うのは、確かに一部ではいまだに(枕営業が)あるなっていう」と話し始めた。

 それを聞いて、MCの名倉潤が「枕営業って誰と寝るの?」と質問すると、森下は「えらい方。決定権のある方」と笑いながら回答。「私も実際に何回か(枕営業の)オファーをされたことがあって…」という衝撃の告白に、女性MCの華原朋美は開いた口がふさがらないくらい驚いていた。

 デビューして間もない20歳ぐらいの時に有名出版社から写真集を出したいか?と意思確認があり、森下が「出したいです」と答えると、打ち合わせに行くことに。会社に行くのかと思っていたら、連れて行かれたのはホテルのスイートルームだったという。

 そこにバスローブを着たおじいさんが座っていて、「で、どうするの?」と言われ、気付けば、森下をホテルに連れて来た人物もいなくなっており、とっさに「ちょっとお手洗いに行ってきます!」と噓をつき、バッグを持って逃げたと枕営業にまつわる自身の体験を語った。

 河本が「相手がおじいちゃんだったから。動きが遅くて(逃げ切れた)」と言うと、名倉は「おじいちゃんワクワクしてバスローブ着てたのに」と残念そうにコメント。その姿を想像したのか、横の華原が口を手で押さえ、必死に笑いをこらえていた。

 森下は、短大卒業後の2005年にデビュー。12年間、グラビアアイドルとして活動していたが、今年の6月16日に一般男性と結婚したことを明らかにし、結婚に伴い、グラビア活動からの卒業を発表している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス