文字サイズ

「小さな巨人」視聴率自己最高16・4% 関西は19・4%

俳優の長谷川博己
1枚拡大

 俳優・長谷川博己主演のTBS系刑事ドラマ「小さな巨人」(日曜、午後9・00)の最終回が18日に放送され、関東地区平均視聴率が自己最高の16・4%だったことが19日、分かった。

 MBSで放送された関西地区は19・4%で、同局の日曜ドラマ枠では2015年12月20日放送の「下町ロケット 最終回」の19・4%と並ぶ高視聴率となった。

 同ドラマはオリジナルストーリーで、警視庁捜査一課のエース、香坂真一郎(長谷川)が所轄署に左遷されるが、部下たちと正義を貫き奮闘する物語。同局のヒット作「半沢直樹」を彷彿させる展開で、時事ネタも飛び出すなど話題になった。

 (視聴率はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス