文字サイズ

中村獅童、肺腺がんと言われても「ぴんとこない」 自覚症状なく

出発前に取材に応じる中村獅童=羽田空港(撮影・開出牧)
1枚拡大

 18日に初期の肺腺がんを公表した歌舞伎俳優の中村獅童(44)が20日、都内で、がん公表後初めて報道陣の取材に直接応じた。がんとはいっても体調に変化はなく、自覚症状はなく、「がんと言われてもぴんとこないんですけど…」と率直な思いを打ち明けた。

 この日、北海道帯広市で行う講演のため、出発前に都内で取材に応じた。「どうもすいません。ご心配とご迷惑をおかけいたしまして。初期のがんなんですけど、至って普通に、元気に過ごしております」と語った。

 自覚症状については「まったくないんです」といい、「がんと言われてもぴんとこないんですけど…」と胸の内を明かした。主治医から5月11日に告知を受けた際には「がんというと響きが良くないというか、大変な病気だなと思いました」というが、手術で完治できるとも伝えられ、「今は早い時期に見つかって良かったという気持ちの方が強いです」とした。

 今月27日に都内で講演の仕事があり、その後に入院。6月上旬に手術を受ける予定だという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス