文字サイズ

宮崎駿監督、正式に引退撤回「長編アニメ映画の製作決めました」

公式に引退を撤回した宮崎駿監督
1枚拡大

 2013年に公開されたアニメ映画「風立ちぬ」で長編作品から引退していた宮崎駿監督(76)が19日、正式に引退を撤回した。スタジオジブリがホームページで新作スタッフの募集を開始。「『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の製作を決めました」と発表した。

 宮崎監督は昨年7月の時点で、ジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)に新作の企画書を見せており、同年末には絵コンテを仕上げていた。今年2月の米アカデミー賞授賞式に出席した鈴木プロデューサーは、現地でのイベントで「今も一生懸命、東京で作っています。内容はすごく面白かった」とコメントしていた。長編引退後、宮崎監督は、館主を務める東京・三鷹の森ジブリ美術館の企画展示を毎年手掛け、同館用の短編アニメ「毛虫のボロ」を初めてCGを使って完成させていた。募集コメントは「年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう。この映画製作完遂のために、若い力を貸して下さい」と締めくくられている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス