文字サイズ

STU48 初お披露目! デビュー曲「瀬戸内の声」に

 国内6組目となるAKB48の姉妹グループ「STU48」が3日、広島市でこの日から始まった「ひろしまフラワーフェスティバル」でお披露目された。

 劇場支配人の指原莉乃を除くメンバー32人が舞台に登場すると、会場を埋め尽くしたファンは大歓声。5月31日発売でAKB48の新曲「願いごとの持ち腐れ」のカップリングとなるデビュー曲のタイトルが「瀬戸内の声」であることが発表された。

 STU48は瀬戸内地方7県(広島、山口、岡山、香川、愛媛、徳島、兵庫)が拠点で、「船上劇場」が港を巡る新タイプの活動を展開。AKB48との兼任でリーダーの岡田奈々は「ひろしまフラワーフェスティバルという場をお借りして、初お披露目できたことをうれしく思います。まだ始まったばかりですが、みんなと力を合わせて瀬戸内を盛り上げていきたいと思っています」と意気込んだ。6月17日開票の「AKB総選挙」にも全員が参加する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス