文字サイズ

相武紗季、芸能界デビューは同級生の木南晴夏がきっかけだった

女優の相武紗季
1枚拡大

 女優の相武紗季(31)が16日、フジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、芸能界デビューのきっかけが高校の同級生、木南晴夏(31)の存在だったことを明かした。

 関西地方の同じミュージカルスクールに通っていたという2人だが、相武の姉で宝塚出身の女優・音花ゆり(33)、木南の姉の女優・木南清香(35)も同じスクール出身。番組では4人初共演し、思い出話に花を咲かせた。

 相武は木南が、2001年に朝日放送の「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれると、「晴夏ちゃんがテレビに出ているからと高校野球を見ていたら、高校野球にはまっちゃって、この人たちに会いたいって、次の年に応募した」と秘話を披露。

 相武は2002年、木南の後を受けてPR女子高生に選ばれ、芸能界入りした。

 この話を聞いた木南は「相武紗季を芸能界に連れてきたのは私。全国のみなさん、感謝して欲しい」と笑っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス