文字サイズ

松岡修造・娘 宝塚音楽学校合格 阪急東宝グループ創業者の家系にスミレの花咲く

 宝塚音楽学校に合格した松岡修造の長女恵さん=兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校
2枚

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)の105期生合格発表が30日、同校で行われ、スポーツキャスターでタレントの松岡修造(49)と、元テレビ東京アナウンサー・田口恵美子さん(51)の長女・恵さん(17)が夢への切符を手にした。今年は海外からを含む1042人が受験。26・1倍の難関で、40人が合格した。

 松岡の長女が狭き門を突破した。恵さんは169センチで、父親譲りの涼やかな目元が印象的。合格者の番号が掲示されると、喜びの涙を浮かべた。合格発表直後は緊張した様子だったが、「中学3年のときにタカラヅカを見て、目指すようになりました」と父譲りのハキハキした受け答え。初めての受験で合格し「見て下さる方に、清々しい気持ちになっていただける男役になりたい」と誓った。付き添っていた母の恵美子さんは「常に感謝を忘れないタカラジェンヌに」と娘の合格に目を細めた。

 父・修造からは「受けるからには中途半端じゃなく本気でやりなさい。結果はどうあれ、自分の人生なんだからキチンと受け止めるように」とアドバイスを受けていた。これからは東京と宝塚で離れて暮らすことになるが、恵さんは「これからも“熱く”見守ってくれると思います」と笑顔を見せた。

 恵さんの高祖父・小林一三氏は、宝塚歌劇団など阪急東宝グループの創業者で、親戚・姻戚には財界の有力者の名がズラリと並ぶ、超サラブレッド。修造も、母が元タカラジェンヌだったこともあり「宝塚歌劇団を小さい頃から、また現役中も観劇していましたが、僕を含め沢山の人に元気と幸せを与えてくれる場所だと思っています。宝塚歌劇団は、人を応援できる力がある」と娘の旅立ちに熱いエールを送った。

 さらに「父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしいです。宝塚の血が流れる父、松岡修造」とコメントした。

 入学式は4月18日。恵さんは同期とともに、2年後の初舞台に向け、声楽やダンスなど厳しいレッスンに励むことになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス