文字サイズ

山本譲二の弟子、パク・ジュニョン「結婚するなら日本の女性」

バースデーライブで熱唱するパク・ジュニョン=東京・明治安田生命ホール
ケーキで祝福されたパク・ジュニョン=東京・明治安田生命ホール
デビューから5年間を直筆の漢字で「愛」と表現したパク・ジュニョン=東京・明治安田生命ホール
3枚3枚

 韓国人歌手のパク・ジュニョン(34)が10日、都内で12日に迎える35回目の誕生日を前にバースデーライブを開催。昼夜2回公演で計700人のファンから「♪ハッピーバースデー」歌声とケーキで祝福された。

 韓国・釜山出身で来日6年目。日本デビューは5年目を迎えた。師匠である歌手の山本譲二(67)からは、ライブ数日前に銀座で食事し、激励されたそうで「楽しい時間はあっという間。その通りの5年間。これからも楽しい時間を続けていきたい。日韓の歌の架け橋になれるように頑張りたい」と決意表明。デビュー曲「愛・ケセラセラ」、新曲「羽田発」など14曲を熱唱した。

 35歳になり結婚適齢期となっているが、まずは「恋愛したい」と話し、「韓国より日本の方と出会うことが多い。結婚するなら日本の女性になりそう」とも。理想のタイプは「やさしい人」という。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス