文字サイズ

カンニング竹山 浮気騒動振り返り「家は地獄」 本気土下座で謝罪も

 お笑い芸人のカンニング竹山が4日放送のカンテレのバラエティー「おかべろ」(土曜、後2・24)に出演し、2009年の浮気騒動で全裸写真が週刊誌に報じられた一件を振り返り「家は地獄」と語った。

 記事が出た後は、仕事関係者への謝罪行脚はもちろん「何より一番、地獄なのは家です」ときっぱり。

 週刊誌が発売される前に夫人に説明しなければならなかった竹山。「奥さんは知りませんから、悪いのに引っかかっちゃって、オレは被害者だという気で(説明に)いった」という。「とんでもないはめられ方をした。雑誌に、裸で寝ている写真が出る」と説明すると、夫人は「裸?どこで?」と詰問してきた。

 竹山が「ホテル。はめられたんだ。酔っ払って記憶をなくし、ホテルで寝ていたらしい」と必死で弁解したが、夫人は「浮気でしょ」とピシャリ。「やったんでしょ?何してんのよ!」となじられたという。

 竹山は「あんな時、男は“本気土下座”が出ます。すみませんでした!と。そこから3カ月くらい、家は地獄になる」と苦い思い出を振り返った。

 その後は夫婦関係の修復のために必死だったそうで「率先して家のことをやる。洗濯も全部。向こうが喜びそうなことを先手先手でやる。それを3~4カ月繰り返すと、徐々に雪解けになる」と身ぶりを交えて熱弁。「でも女性は一生、覚えている。今、仲良く一緒に飲みに行っても、お酒が入るとそれを持ち出される」とぼやいていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス