文字サイズ

石原さとみ「シン・ゴジラ」との“別れ”に声震わせる ゴジラにささげた2年間

 自身の映像が会場で流れ恥ずかしがる石原さとみ=グランドプリンスホテル新高輪
優秀助演女優賞を受賞した石原さとみ=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・三好信也)
シン・ゴジラで最優秀作品賞を受賞した(手前左から)、長谷川博己、石原さとみ、市川実日子=都内
優秀助演女優賞を受賞した石原さとみ=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・三好信也)
4枚4枚

 「第40回日本アカデミー賞」授賞式が3日、都内で行われ、「シン・ゴジラ」が最優秀作品賞、最優秀監督賞など7冠に輝いた。同作で米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースンを演じた女優の石原さとみ(30)は最優秀作品賞受賞のスピーチで思わず声を震わせた。

 庵野秀明総監督(56)が手がけた脚本について「本当に面白かったんです。一文字一文字本当に魅力的で、それをわたしが汚してしまうんじゃないかと震えていた」とプレッシャーを感じていたことを告白した石原。撮影後には庵野監督から「カヨコが石原さんで良かった」と伝えられ、思わず涙を流したことも明かした。

 撮影は、膨大なせりふ量に加え、ネーティブ発音での英語を話さなければならないなど、苦労の連続だった。「この2年間、ゴジラにかかった毎日だったんですけど、その一部が今日で終わると思うと…こういう場で終わることが出来て救われました」と受賞の感激と開放感で声を震わせていた。

 「シン・ゴジラ」は俳優部門の受賞は逃したものの、ノミネートされなかった脚本賞と、RADWIMPSにさらわれた音楽賞以外のスタッフ部門を総なめした。樋口真嗣監督(51)は作品賞のスピーチで「(怪獣映画の受賞で)会場にはムッとしている方もいるのでは…」と恐縮していた。なお、庵野秀明総監督(56)は他の映画賞同様に授賞式を欠席した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス