文字サイズ

辻本茂雄、絶望の中で見つけた吉本ポスター…競輪選手の夢断たれ芸人30周年

芸能生活30周年の会見を開いた吉本新喜劇座長の辻本茂雄=大阪市内
1枚拡大

 吉本新喜劇座長の辻本茂雄(52)が31日、大阪市内で芸能生活30周年の会見を開いた。

 競輪選手になる夢を両足の腫瘍によって絶たれ、全く経験のないお笑いの世界に飛び込んだことで始まった芸人人生。新喜劇座長となり、「茂造じいさん」に代表されるキャラクターで人気を博した今、「あの日、なぜ、この世界に入ろうと思ったのか分かりません。でも、競輪をあきらめ、芸人になって本当によかったと思えます」と語った。

 実家が和歌山のうどん屋の辻本は「僕の人生は『うどんの鉢』でつながってましてね」と、芸人の世界に入った経緯を振り返った。

 高校時代、自転車競技の強豪校で競輪選手になる夢を目前にしていた。しかし、ある日、うどんの鉢を買いに行った母親の荷物を運ぶため、自転車で駅まで迎えに行く途中で交通事故に遭った。その治療の過程でケガとは別に、両足に腫瘍が見つかり、一時は再起を目指したが、競輪選手への道は断たれた。

 「絶望で頭が真っ白だった」と当時を述懐。その後、今度は自分がうどんの鉢を買いに大阪の道具屋筋に来た際に、はってあった吉本の芸人養成学校「吉本総合芸能学院(NSC)」のポスターを見て「きらっと光ったように思って」と、縁のない世界に挑戦することを決めた。

 お笑いコンビ活動を経て、89年に吉本新喜劇入りし、アゴをイジられるキャラにはじまり、その後は「茂造じいさん」に代表される人気キャラを作り上げた。

 「あの日、NSCのポスターが目に入らんかったら、たぶん、この世界には入ってません」と、不思議な縁をしみじみ。「自分から一歩踏み込まないと、何も起こらない。頑張れば、違う夢もかなえられるんだと思います」と語った。

 30周年の今年は京都・祇園花月公演「茂造の絆」(4月25日~5月8日)をはじめ、5月から9月にかけて全国各地で「辻本茂雄 絆で30周年記念ツアー」を上演する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス