文字サイズ

AKB成人式でNMBメンバーが笑いの爪痕

成人式に私服で登場した木下百花=東京・神田明神(撮影・金田祐二)
成人式に臨んだ矢倉楓子=東京・神田明神
成人式に臨んだ渋谷凪咲=東京・神田明神
成人式に臨んだ須藤凜々花=東京・神田明神
成人式に臨んだ堀詩音=東京・神田明神
5枚5枚

 AKB48と国内姉妹グループの新成人メンバーが9日、東京・神田明神で行われた成人式に参加した。SKE48の松井珠理奈(19)ら、昨年に並ぶ過去最多タイの32人が、集まったファンの前であでやかな振り袖姿を披露した。

 例年、ユーモアあふれる回答で場を盛り上げるNMB48メンバーは、今年も爪痕を残した。

 まず、全体の1番目であいさつをした木下百花(20)は、1人だけ洋装。しかも白の旧国鉄車掌服に、20センチの厚底、手には軍手、首にはチェーンといういでたちで驚かせた。20歳の抱負についても「いかに楽にお金を吸い上げるか」と発言するなど、完全に場の空気を支配した。

 また“貧乏キャラ”が定着しつつある矢倉楓子(19)は「今まで育ててくれたお母さん、あと弟にも、おいしいご飯をたくさん食べさせてあげられるように、お笑いやアイドル力にもっとどん欲になって、お仕事をたくさんしていきたいです」と宣言。一転して和ませた。

 AKB48も兼任する渋谷凪咲(20)は、現在ピン芸人ナンバー1決定戦の「R-1ぐらんぷり」に出場中の大ボケキャラ。それだけに「AKB48の中でもNMB48の中でも突き抜けてビッグで大きな存在になりたいと思いますので、まず身長を180センチに伸ばすことからコツコツと…」と話し、会場をざわつかせた。

 哲学書を出版するなど、インテリアイドルとしても名高い須藤凜々花(20)は「私は麻雀の番組をしているので、そこで役満を出して、ヤフーニュースに載って、CSの加入者を増やしたいと思います」と独特のアピール。昨年末のNHK紅白歌合戦の選抜では6位に食い込んだ吉田朱里は「それを自信に変えて、NMBと言えば山本彩ちゃんのイメージが強いと思うんですが、吉田朱里がいるグループだよねって言ってもらえるように」と力強く語った。

 ドラフト2期生の堀詩音(20)は「私は19歳の時にお仕事で中国へ行ったんですけど、その時にパスポートをなくして、スタッフさんやメンバーが先に日本に帰って、1人で取り残された経験があるので、大人になったからには、パスポートをなくさないで生きていこうと思います!」と、極めて身近な目標を大声で宣言。この日一番の笑いを誘っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス