文字サイズ

SMAPラスト歌唱、中居号泣、木村「ありがとうございました」

26日に最終回を迎えた「SMAP×SMAP」の番組ロゴ
1枚拡大

 今年12月31日に解散するSMAPのレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回「20年間、ありがとうございました」が、26日午後6時半から5時間特番として放送された。番組のラストで5人がヒット曲「世界に一つだけの花」を歌唱。1988年に結成した国民的グループが「ラストステージ」に選んだ場所で、28年の歴史に幕を閉じた。

 最後の舞台に、5人は花の模様があしらわれた紺のスーツで登場した。中居正広は笑顔で歌いはじめ、草なぎ剛もにこやかに。稲垣吾郎は静かな表情。香取慎吾はどこか思い詰めた様子で、木村拓哉は最後をかみしめるかのように歌唱した。

 2番に入ると中居の目は真っ赤になった。

 歌唱後。5人は59秒間、深々と頭を下げ、別れの言葉はなく、そのまま舞台の幕が下りた。

 その後、スタジオは拍手に包まれ、撮影を終えた様子が映し出された。中居はひざに手をつき、後ろを向いて泣き始め、何度も手で涙をぬぐった。ほかの4人は静かに前を見つめていた。

 スタッフの「ありがとうございました」の声に、木村はやり切ったような表情で「ありうがとうございました」と小さく口元を動かした。

 ラスト歌唱と最後の場面の収録は12月1日に都内で行われた。この日の特番は、メンバーの生出演はなく、96年4月に発足したスマスマの名場面をVTRで振り返る形で進行。5人は31日のNHK紅白歌合戦への出場を辞退しており、5人はこの日のスマスマを「ラストステージ」とすることを明らかにしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス