文字サイズ

浅野祥“討ち入り”ライブ 先祖ゆかりの「赤穂義士祭」で

 先祖の浅野内匠頭が眠る自身に縁のある場所でミニライブを行った浅野祥=東京・泉岳寺
1枚拡大

 津軽三味線3年連続日本一で世界を舞台に活躍、1月に歌手としてもデビューした浅野祥(26)が14日、東京・泉岳寺で開催された「赤穂義士祭」でミニライブを行い、「逢いたかったぜ内蔵助」など4曲を、三味線をかき鳴らし熱唱した。

 浅野は浅野内匠頭の末裔(まつえい)で、先祖ゆかりの祭りに歌で“討ち入り”し、先祖の墓参りも行って「浅野家と縁のある場所で歌うことができて感慨深い」としみじみ。9月に一般人と結婚したばかりで「気持ちも新たに頑張ってます」と心境を語り、「(子作りも)頑張ります」と、さらなる末裔作りも誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス