文字サイズ

林真理子氏の原作は「ボーイズラブまで」 18年度の大河に注目集まる

 原作の林真理子氏(右)脚本の中園ミホ氏(左)と主演発表会見に臨んだ鈴木亮平=都内
1枚拡大

 2018年度NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公・西郷隆盛を俳優・鈴木亮平(33)が演じることが2日、都内で発表された。鈴木は大河ドラマ初出演。会見には原作の林真理子氏、脚本の中園ミホ氏も同席した。

 中園氏は「今まで見たことがある上野の銅像の西郷さんとは全く違うものになる」と予告。「林さんの原作は色んな愛にあふれています。島津斉彬との師弟愛、家族愛、男女の愛、ボーイズラブまで」と仰天発言も出た。鈴木には「いつ脱いでもいいような体になりなさい」と助言したという。

 櫻井賢チーフプロデューサーは、ボーイズラブについて「尊敬する人に対しての恋愛的感情」と、ドロドロしたものでないとしたが、展開が注目される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス