文字サイズ

村木弾「テッペン取る」船村氏の内弟子

 会見を行った(左から)村木弾、船村徹氏、舟木一夫
1枚拡大

 作曲家・船村徹氏(83)の最後の内弟子で、2月にシングル「ござる~GOZARU~」でデビューした演歌歌手の村木弾(36)が19日、都内でコンベンションライブを行った。作曲した師匠・船村氏と作詞とプロデュースの歌手、舟木一夫(71)に見守られ、熱唱すると「2人が素晴らしいレールを敷いてくださった」と話し「やるからにはテッペンを取る」と宣言した。

 船村氏は「縁とは不思議。まさか舟木先生が面倒をみてくれるとは」と感慨深げ。舟木も「息の長い歌手になって」と期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス