文字サイズ

三遊亭好吉「実家は屋根瓦が落ちた」

 熊本県益城町出身の落語家・三遊亭好吉
1枚拡大

 熊本県益城町で最大震度7を観測した熊本地震で、熊本県警は15日、建物の倒壊などによる9人の死亡を確認したと発表した。けが人は千人を超え、53人が重傷。20軒以上の家屋が倒壊した。地震発生を受け、芸能界からも心配の声が相次いだ。

 震度7を記録した熊本県益城町出身の落語家・三遊亭好吉(29)が15日、本紙の取材に応じ、被災した実家の様子などを語った。好吉は東京在住で、地震発生時も東京にいたという。「速報を見てびっくりして…。実家は屋根瓦が落ちたり、食器棚が倒れて食器が半分ぐらい割れたそうです」と説明した。

 実家には両親、祖母、妹の4人が暮らしており、「余震が怖いので、庭の一番家屋から遠い場所に車を置いて、その中で夜を明かしたそうです」という。また、東京からこの日益城町に帰省した友人から「とても住める状態じゃない」と聞かされたことも明かした。

 好吉は高校卒業まで益城町に在住後、神戸大学を卒業し、09年に三遊亭好楽に弟子入り。12年に二つ目に昇進した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス