文字サイズ

川島さんの心遣い…ヌードは父退官後

 胆管がんで24日に急逝した川島なお美さん(54)が80年代に出演した日本テレビ系バラエティー番組「お笑いマンガ道場」で司会を務め、現在は広島で活躍するフリーアナウンサーの柏村武昭(71)が25日、デイリースポーツの取材に応じた。川島さんは82~89年に同番組にレギュラー出演し、ブレークした。デビュー直後からの川島さんを知る柏村氏は、ヌードになるなど肉体派に転身したのは、裁判官だった父が退官したタイミングだったことなど、秘話を明かした。

 同番組は中京テレビ制作。収録後は川島さんが、名古屋市内の実家に柏村ら出演者を招き、松阪牛のすき焼きなどをふるまったという。柏村は「ご両親にもよくしてもらった。お父さんは裁判官で立派な人だった」と述懐する。

 「なお美ちゃんがヌードになったり、大胆な活動を始めたのは、お父さんが裁判官を退官されてからのはず。お父さんの仕事に迷惑がかからないように、という彼女なりの気遣いがあったと思う」と明かした。

 女子大生タレントの先駆けだった川島さんが、清純派から大胆に路線変更したのは、ヌード写真集「WOMAN」を発売した1993年。以降、渡辺淳一さん原作のドラマ「失楽園」(97年)で不倫関係に陥るヒロインを体当たりで演じたほか、映画「鍵」(97年)などで過激なラブシーンにも挑むようになる。

 この裏には、本格派女優への脱皮を切望しながら「父の仕事の区切りを待つ」という川島さんの親思いの一面があった。

 「『マンガ道場』時代から、なお美ちゃんは『夢はミュージカルスター』と話していた」と回想する柏村。昨年、川島さんの出演ミュージカルの広島公演の際に招待され、観劇したのが約20年ぶりの再会となったが、打ち上げで「よかったじゃないか、夢をかなえて」と祝福すると、川島さんは大喜びしたという。

 柏村は「すでに手術(14年1月)もしていたはずなのに、ガンの“ガ”の字も出さなくて元気だった。夢を着実に現実にして、もう少しで日本のトップミュージカル女優になれたのに、残念で残念でたまらない。また一緒にゴルフしようとも話していた」と寂しそうに話し、「もう頑張らなくていいよ。安らかに眠ってね」との言葉を捧げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス