文字サイズ

桂小金治さん逝く…名司会などで人気

 桂小金治さん
1枚拡大

 ワイドショーの司会、映画やテレビドラマでも活躍した落語家でタレントの桂小金治(かつら・こきんじ、本名田辺幹男=たなべ・みきお)さんが3日午後4時45分、肺炎のため川崎市内の病院で死去した。88歳。東京都出身。通夜は10日午後6時から、葬儀・告別式は11日午前9時半から、いずれも東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場で。喪主は妻良子(りょうこ)さん。

 多彩な活動で、昭和のエンターテインメント界に欠かせない人物だった小金治さんが、天国へと旅立った。親族の一人は「葬儀で対応させていただきます」と言葉少なだった。

 1947年に落語家・2代目桂小文治に入門。5代目・柳家小さんのもとに稽古に通うなどし、49年に二つ目に昇進。小金治を名乗った。落語で培った話術はテレビの世界でも注目された。

 66年から8年間、NET(現テレビ朝日系)のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会を担当。政治家や官僚への怒りを率直に表し「怒りの小金治」として人気を集めた。一方、日本テレビ系「それは秘密です!!」では、家族の再会シーンでもらい泣きする姿から「泣きの小金治」と親しまれた。

 俳優としても活躍した。52年に川島雄三監督に誘われ「こんな私じゃなかったに」で俳優デビュー。「青べか物語」で森繁久彌さん、「赤いハンカチ」で石原裕次郎さんら大スターと共演した。

 裕次郎さんとは、その後も親交が続いた。娯楽映画研究家の佐藤利明氏は「『アフタヌーンショー』司会のオファーがあった時、『自分は落語家として真打ちになっていない中途半端。映画俳優とは言えないし…。そんな自分が奥様番組をやっていいのか』と迷っていたそうです。背中を押してくれたのは裕次郎さんの『師匠、やったらいいじゃないか』という言葉だったそうです」と話した。

 11年に高座引退を宣言。昨年9月には国立演芸場で映画「羽織の大将」(60年)のトークイベントを行った。昔を知る落語家は「俳優やテレビの仕事が忙しくて、真打ちにならず、別の道を選んだ。でも落語はうまかったよ」と惜しんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス