文字サイズ

夏フェスで第2の福山発掘 書類審査なし

 福山雅治(45)や吉高由里子(25)らが所属する大手芸能事務所「アミューズ」が、5年ぶりとなる全国オーディションを“夏フェス形式”で開催することが30日、分かった。書類審査は一切なし。オーディション会場に出向けば面接を受けられる。会場には所属アーティストが駆けつけ、オリジナルのリストバンドが配られるなど、フェス感覚で“第2の福山”を発掘する。

 未来の福山、吉高を探す、大型オーディションが開催される。題して「アミューズ オーディションフェス2014」。応募のハードルを下げた“ふらっと立ち寄れるフェス感覚”がコンセプトだ。

 募集は「バラエティー・タレント・キャスター」「俳優・モデル」「歌うま・声優」の3部門。書類審査はなく、全国7都市の会場に行くだけで面接を受けられる。計1万4000人の参加を見込んでおり、全員を直接審査する異例のオーディション。グランプリには、賞金300万円と映画出演などの全面バックアップが約束される。

 フェスと銘打たれるだけに、会場には所属アーティストが来場し、お祭りムードを盛り上げる予定。受験者限定でリストバンドも配られ、特別展示も行われる。

 これまでアミューズは、独自の新人オーディションで多くの原石を発掘してきた。88年の「10ムービーズオーディション」で合格し、俳優デビューした福山もその1人。富田靖子(45)、ホラン千秋(25)らもオーディションで芸能界への道を切り開いた。

 09年に開催した前回の「THE PUSH!マン」オーディションでは、モノマネで知られる福田彩乃(25)らを輩出。当時、会社をリストラされ、賞金目当てだった福田は「自分の人生を変えてくれた、いいきっかけになったと思っています。是非チャレンジしてみてください」と来場を呼びかけている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス