文字サイズ

赤西 キアヌと仲の良さアピール

 謹慎を経て今年8月に芸能活動を再開した歌手・赤西仁(29)が18日、都内で行われた米映画「47RONIN」(12月6日公開)の記者会見に出席し、奔放な“赤西節”をさく裂させた。

 報道陣の前に姿を見せるのは、復帰の報告をした8月31日のイベント以来。左手をポケットに入れながらステージへの階段を上った赤西は、着席してワイルドに脚を組むと「赤西でござる。今日はお越しいただきありがとうございます、楽しくやりましょう。サンキュー」と、大物の風情を漂わせるスピーチを披露した。

 同作は米俳優のキアヌ・リーブス(49)主演で、赤西にとってハリウッドデビューの記念作となった。海を越えた撮影現場の雰囲気について「初めてのハリウッド映画で、セットも大きく最初は緊張したけれど、監督もキアヌもやりやすい環境をつくってくれた。そこまで緊張せずにできました」と堂々。降壇時には、キアヌと腰に手を回し合い、仲の良さを見せつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス