文字サイズ

佐野元春、ポールの魅力を熱弁

 歌手・佐野元春(57)が14日、都内で行われたポール・マッカートニー(71)の6年ぶりアルバム「NEW」世界同時発売記念イベントに登場した。佐野が他のアーティストのトークイベントに登場するのは初めて。約30分のトークショーの中で佐野は、1989年にポールと会食したエピソードを明かすなど、ポールの魅力を“熱弁”した。       

 ポールのことを「優れたシンガー・ソングライターで、優れたサウンドデザイナー。71歳で新しいサウンドを作るクリエーティブな力は本当にすごい」と称賛した佐野が、知られざる“秘話”を告白した。

 89年に英ロンドンでポールと会食したことを打ち明け、「ボクはドキドキしてたんだけど、フレンドリーな笑顔で『ハイ!モト!』、『オッス』って言われてね」と述懐。たまたま同じスタジオでレコーディングを行ったことから、プロデューサーの仲介で実現したという。

 その席で、「オッス」というあいさつが気になった佐野が「どこで覚えたのか」と聞くと、「日本のジェイル(拘置所)で知った。日本のクールなあいさつなんだろ」と返してきたという。80年に成田空港で、大麻取締法違反で現行犯逮捕され、数日間拘留されたことのあるポールの本気ともジョークともとれない反応に会場からは笑いが起こった。

 当のポールはイベントには出席しなかったが、その代わりにビデオインタビューが放映された。映像の中でポールは、11月11日の京セラドーム大阪からスタートする11年ぶりの日本ツアーで、新曲2曲を披露する予定があることを明かし、「コンニチハ」、「オハヨウ」、「オッス」と日本語を交えてメッセージ。集まった200人のファンは、“ポールの世界”を最後まで堪能していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス