文字サイズ

健介一家、24時間テレビ感涙ゴール

 日本テレビ系「24時間テレビ35『愛は地球を救う』」で、家族4人の120キロリレーマラソンに挑戦した佐々木健介(46)・北斗晶(45)ファミリーが26日、無事放送時間内にゴールを果たした。

 25日午後7時6分に神奈川県内をスタート。健介が61・6キロ、長男の健之介くん(13)、次男・誠之介くん(9)を経て、北斗が日本武道館までの47・9キロを担当した。ひざの痛みに耐え、家族と抱き合いながらゴールした北斗は、「よかったです。みなさんの応援のおかげです」と号泣。

 家族のきずなを見せつけ、メーンパーソナリティーの嵐は「パワーを感じた」(大野智)と大感激。松本潤(29)は「いろんな事を感じ、感動して、(番組テーマの)『未来』に向けてのいい24時間が過ごせた」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス