文字サイズ

松山英樹「初日からいいプレーができれば。そこが今後の課題」一問一答

 4番でティーショットを放つ松山英樹。通算3アンダーで4位(共同)
 7番でバーディーを決め、拍手に応える松山英樹。通算3アンダーで4位(共同)
 最終ラウンドを終え、記者会見で笑顔を見せる松山英樹(共同)
3枚

 「米男子ゴルフ・全米オープン選手権・最終日」(19日、ザ・カントリークラブ=パー70)

 首位と6打差の17位から出た松山英樹は5バーディー、ボギーなしの65でラウンドし、スコアを五つ伸ばして通算3アンダーで4位に終わった。通算6アンダーで優勝したマシュー・フィッツパトリック(英国)に3打及ばなかった。

 プレー直後にインタビューに臨んだ松山の一問一答は以下の通り。

 -65のスコアを出したラウンドを振り返って。

 「きのうはバーディーを取れなかったので、きょうはバーディーを取ることができてうれしかった」

 -第3ラウンドとコースコンディションの違いはあったか。

 「きのうも寒かったけど、きょうも気温が下がって少し難しく感じた。その中でいいプレーができた」

 -他の選手はボギーもあればバーディーもあるプレー。きょうのマネジメントは。

 「パッティングが11、12、13番といいパットが入ってくれた。ここがすごく大きかった」

 -メジャー大会の最終日にスコアを伸ばすのは簡単ではない。

 「ショットも完璧かと言われれば、そうでもない。その中でこのスコアを出せたのは自信になる」

 -65は今週の最少ストローク。出せた要因は。

 「パッティングが入ってくれたのがよかった。ショットも大きなミスをすることなくグリーンをしっかり捉えられたので、そこがよかった」

 -昨年のマスターズ優勝の経験が今の自信につながっているか。

 「それはあまり考えず、いいプレーをすることだけを考えてプレーしている。それは過去の話。また次、勝てるように頑張りたい」

 -最終日にいいパフォーマンスができたのは自信になるか。

 「こういういいプレーができるということは、もう少し初日から、もう少しでいいんで初日からいいプレーができれば、まだ(最終組の選手のように今頃も)プレーしていると思う。そこが今後の課題だと思う」

関連ニュース

編集者のオススメ記事

ゴルフ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(ゴルフ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス