文字サイズ

安田祐香 巻き返し誓う「今年はシード権獲得」ダイキン初出場

 女子ゴルフ国内ツアーの2021年初戦、ダイキン・オーキッド・レディース(3月4日開幕、沖縄・琉球GC)の主催者は17日、出場選手108人を発表した。

 同大会初出場となるミレニアム世代の安田祐香(20)=NEC=は「ダイキン・オーキッドは今年初めて回るので、とても楽しみにしています」とコメントを発表。大会会場の琉球GCは高麗芝ということで「芝目があって難しい印象なので、ショットでしっかりとチャンスにつけて、2021年の初戦から上位争いをしたい」と抱負を口にした。

 プロ1年目の昨年は出場10試合でトップ10入りがゼロ。ケガの影響もあり、思うような成績を残せず「悔しい一年」と振り返る。パーオン率67.0498%は51位で、ショットの精度を課題に挙げる。オフは地元の兵庫県でショット練習、ラウンド練習とトレーニングを行い、ケガをしない体づくりに取り組んでいる。

 統合シーズンの賞金ランキングは現在56位。二十歳の新成人は「今年はシード権獲得を目指して一年間しっかりと戦いきり、賞金ランキング30位、パーオン率でトップ10に入ることが目標です」と巻き返しを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス