文字サイズ

9月のパナソニックオープン中止 昨年Vの武藤、コロナ禍が「夏以降も続くとは…」

 パナソニック株式会社と日本ゴルフツアー機構(JGTO)は31日、パナソニック・オープンゴルフチャンピオンシップを中止にすると発表した。9月24日から27日、京都府城陽市の城陽CCで開催予定だった。

 主催者は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、協議を重ねた結果、選手、開催地域、大会関係者の安全確保を第一と判断。また、同大会はアジアンツアーとの共同主管で開催される国際大会で、世界的に感染拡大防止へ取組む現状も考慮した。

 昨年優勝した武藤俊憲のコメント「アジアンツアーの精鋭も多数出場する、国際色豊かな『パナソニックオープン』で、今年は連覇をかけてプレーできることを楽しみにしていましたので、開催の中止はとても残念です。

 4月に最初の中止が決まった時は、まさか新型コロナウイルスの影響が、夏以降も続くとは想像もしていませんでした。

 現状、皆さんと同様に僕たちプロゴルファーにとっても非常に不安ですが、昨年大会で20代の今平選手や石川選手、ジャズ選手に競り勝つことができたように、諦めずに一生懸命頑張っていれば、きっとまたファンのみなさんと、喜びを分かち合える日が来ると信じ、日々精進しながら終息の時を待ちたいと思います。

 ツアー会場で再びお会いできる日まで、どうかみなさんもお元気でお過ごしください」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス