文字サイズ

三浦桃香“1年休養”示唆 耳の不調&発疹に「何でですかね」

 「女子ゴルフ・LPGA最終プロテスト・第3日」(7日、JFE瀬戸内海GC=パー72)

 三浦桃香(20)=アウトソーシング=はこの日73、通算8オーバーの78位となり、合格は限りなく難しくなった。夏以降、原因不明の発疹に悩まされ、この日もプレーに影響。来年1年間の休養も示唆した。岡山作陽高で渋野日向子の1年後輩、首位タイでスタートした石川怜奈(19)=チェリーヒルズGC=はこの日71、通算7アンダーの2位と踏ん張った。3日目を終え224ストローク、78位タイまでが最終日に進み、20位タイまでが合格となる。

 美人プロが、しばらくゴルフから離れる可能性を示唆した。

 ホールアウトした三浦は、充血した目、マスク姿で呼吸もつらそうに取材対応した。

 体中にできた発疹。スイング時、特に右手付近の皮膚に、突っ張る感じと鈍痛が起きて影響したという。「この日のために調整してきたのに」と悔しさをあらわにした三浦。

 夏過ぎから、耳の不調に始まって、発疹も併発。病院では「原因が分からない」ということで、本人も「何でですかねえ」と首をかしげる。

 来季から、プロテスト合格者以外は基本的に下部ツアーも出場困難となることもあり、「応援してくださった方々に成績で恩返ししたかったのですが、厳しくなった。体が『休め』と言ってるようで、1年間休まなきゃ、と思ってます」と、来季の休養に言及。

 残り試合も出場の可能性を残すが「出ません」。最終日は「もし回れるなら最善を尽くしたい」と話す言葉も、弱々しかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス