文字サイズ

タイガーが優勝 史上1位タイの通算82勝目 松山は3打差2位

13番、クラブをとるタイガー・ウッズ=アコーディア・ゴルフ 習志野CC(撮影・西岡正)
3枚

 「男子ゴルフ・ZOZOチャンピオンシップ・最終日」(28日、アコーディア習志野CC=パー70)

 日没順延となった最終ラウンドの残りが行われ、通算18アンダーの暫定首位から出たタイガー・ウッズ(43)=米国=は7ホールをプレーし、2バーディー、1ボギー、前日の11ホールと合わせて最終ラウンドを67で回り、通算18アンダーで、サム・スニード(米国)と並ぶ史上1位の米ツアー通算82勝目を挙げた。

 日米共催で初めて行われた今大会。ウッズは優勝賞金175万ドル(約1億8900万円)を獲得した。

 首位と3打差の暫定2位から出た松山英樹(27)=LEXUS=は2位。石川遼は(28)=CASIO=は1オーバー、51位だった

 タイガーはホールアウト後、インタビューで「今回は5日間、リーディングボードの上にいて勝ててうれしい」「周りの人の協力を得てありがたい、感謝しています」などと笑顔を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス